犬の食欲不振の対処方法を公開!

犬の食欲不振の対処方法を公開!

犬が食欲不振になってしまう原因はいくつかあります。この記事ではいくつかの事例を
紹介しながら対処法をご説明させていただきますね。

 

 

体調を崩してしまっている

 

犬も体調を崩してしまっている場合はご飯を食べることを嫌がります。
食欲がないと同時に最近まで元気に食べていたのに、ぐったりしんどそうにしている場合は
体調不良から来る食欲不振を考えることができます。

 

 

この場合は体調回復のために無理をさせないことが一番です。
栄養があるものを食べやすいようにして食べさせてあげてください。

 

 

ここでは栄養バランスが考えられているドッグフードなどもこれから使ってみてはどうですか?

 

 

飼い主さんに構って欲しいので食べない

 

 

 

愛情を注いでいないと犬は愛情をほしがります。以前までは可愛がってくれていたのに。
可愛がってもらうために食事を食べないことで、注意をひこうとします。

 

 

 

こういった場合には食事を食べることができた場合にはしっかり褒めてあげるようにしましょう。
それだけで大丈夫です。本来は食べない理由がないので、それ以上に褒められることに嬉しさを
覚えてもらうだけでOk^^

 

 

最悪のケースは病気になっていることも

 

 

 

犬が食事をしない理由の一つに普通の風邪ではなく病気になっている可能性も0ではありません。
例えば悪性リンパ腫、腹腔腫瘍になっている可能性もあります。

 

 

このような場合には動物病院で見てもらうしかありません。
ただまずは自宅で様子を見てあげましょう。

 

 

人間のように季節の変わり目で体調をこじらせてしまうのも多いです。

 

 

 

糞がコロコロ、便秘気味になっていませんか?

 

 

 

便秘気味になると食欲を失ったり、ご飯を食べても吐いてしまう原因にもなります。
便秘とは2日、3日一切便秘がでないことなのですが、便秘予備軍でも体に排便が溜まりやすくなっているので
注意が必要です。この場合は犬の便秘を解消してあげることに専念して体の内側から健康を保ってあげてください。

 

 

当サイトは犬の便秘について詳しく対処方を掲載しています。
よろしければ参考にしてください。

 

 

犬の便秘解消したいかたはこちら


TOP 便秘には長生きわんこ カイテキオリゴ詳細を詳しく