老犬が便秘になったときに排便のコツ

老犬が便秘になったときに排便のコツを公開

老犬になると便秘になってしまう犬も多いです。これは筋力の低下、体力の低下による運動不足から体の調子が悪くなり、
結果として便秘になるケースが多いです。特に老犬でも15歳以上になってくると人間で言うとおじいさん、おばあさんなので仕方がないと言えばおわりですが、
どのような改善策があるのか?説明させていただければと思います。

 

 

基本的に老犬ではなく、若い犬の場合は運動をよくさせてあげたり、
水を多めに摂取させたり、動物病院に行って綿棒でつついてもらったり、
たくさんの治療法がありますが、老犬の場合は無理をさせないことが一番です。

 

 

腸内環境の異変が便秘の症状の原因になっていることが多いのでまずは食事を見直すと良いと思います。
例えば毎日ドライフードをあげていると腸内の中の排便に効果を発揮してくれる善玉菌が不足をしてしまいます。

 

 

 

善玉菌が減って、悪玉菌が増えれば便秘だけではなく健康障害を引き起こしてしまいます。

 

 

サツマイモのふやかしたものや、ごぼう、きんぴらなどの食物繊維が多いものを
食後に少しあげることはオススメです。例えば今までドッグフードを10あげているとすると、
8をあげて、残りの2をこういった繊維がある食べ物ですね。後はビィフィズ菌などを摂取できるヨーグルトなどもおすすめです。

 

 

排便ができるかというのは一種の健康状態を確認する上で非常に役立ちます。
排泄物を出すのはそれだけ意味がありますから。

 

 

 

老犬になってしまうとどうしても筋肉が減る分多くのことで障害が出てきてしまいます。
筋力が低下して自然に便ができなくなってしまうケースもあるみたいです。

 

 

私のこのサイトでは犬の腸内環境を整えてくれる長生きわんこカイテキオリゴ詳細を詳しくをおすすめしております。どちらも基本的には同じで、ドッグフードだけでは
本当に必要な善玉菌を確保するのが難しいのでおやつ感覚で犬の体調を整えてくれるものです。

 

 

人間で言う飲むヨーグルトみたいな感覚です。

 

詳しくまとめておりますので、興味がある方はどちらもご覧になってみてください。

 

 

老犬の便秘対策もこれでOK


TOP 便秘には長生きわんこ カイテキオリゴ詳細を詳しく