犬の便秘を解消するためには水を与えることも有効的

犬の便秘を解消するためには水を与えることも有効的

便秘解消法の一つに水をあげることはすごく効果的です。
これは人間の便秘にも効果がある方法なのですが、コロコロの糞をしている場合は
大腸まで摂取した水が届いていない場合があります。

 

 

 

例えば食事をして水を適切な量毎日飲むことでスムーズな快便になります。
これが食事を毎日していても、水を全然飲んでいない場合は糞が乾燥してしまうという簡単な理論です。

 

 

そして水分の摂取量が少ない場合には便秘だけではなく
尿結石の可能性も高くなったりします。

 

 

どれくらいの水を与えることが適切な量なのか?

 

 

 

犬が1日に最低限の水の量は132×体重の0、75乗です。
すこし頭で計算をやりにくいと思いますので、まずは電卓を用意してください。

 

 

 

わかりやすい計算式として体重g×0.05?0.07程度だと言われています。

 

例えば10キロのワンチャンだとするとどういった結果になるのか?

 

10000g×0.05×?0.07=500ml程度です。

 

 

10キロ程度あるワンチャンの場合は1日に最低でも500mlのペットボトルの水を
飲む必要があります。(犬の種類や体調によって少し異なります。)

 

あくまでも基本的な数値だと考えてください。

 

 

人は1日に2リットルの水を飲むことで健康的な体を維持することができるとも言われています。
私も一度挑戦をしたのですが、1日に2リットルを飲むことは少し難しかったです。

 

 

また犬の場合は水が足りないことで便秘だけではなく、おしっこが出にくくなったり、
胆石になってしまう原因になります。

 

 

ぜひ注意をするようにしてください。
当サイトではペット専用の水素水の詳細も掲載しておりますので、
ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

 

 

 

 


TOP 便秘には長生きわんこ カイテキオリゴ詳細を詳しく